SEOとは検索結果の上位表示を行うことだけが目的ではなくそうすることによって、利益を生むことが目的なのです。

Seoを行ってもらえないケース

たくさん存在する同じ業種の企業からSeoの依頼を受けた場合には、すべての企業を上位にする事は無理ですので、場合によってはSeoの依頼をしても、ごく一部のケースにおいて受け入れてもらえない事というのもあるみたいです。

もしSeoの会社に断られてしまっても、それで終わりではなくて、他に対応してもらえる会社を見つけて、トライしてみるといいでしょう。また、いいと思えるSeoの会社に出会える事もあると考えられます。

引き続き根気強く探す様にしたいです。Seoに関して相談する前からダメだと勝手に諦めないで、まずは話を聞いてもらいましょう。プロにはプロの見解があるという事も考えられます。

seoはアップデートで全てが変わる

seoは、アップデートで一気に変わってしまいます。これまでは従来までのアップデートに対応していたので、対策方法は従来までのseoで十分でした。しかし、これまでにないデータが組み込まれたことで、従来までの対策では対応できない状況を作ってしまったのです。

今までの対策ではほとんど通用しなかったり、サイトに施した対策がまったく意味をなさなかったりと、データが変わったことの意味は非常に大きなものがあります。これから対策を考えていくなら、データが追加された時のことを考慮して対策を施します。コンテンツをいいものに変えるなどの対策で、安心してサイトが検索されるようになります。

業者もseoの問題に対処する

業者としても、seoに関連している問題はしっかりと考えたいところです。特にアップデートによって、従来までの機能が使えなくなってしまった、今までよりも明らかに検索されている順位が低くなっているなどの問題を受けた場合は、速やかな対応が必要になります。

アップデートによって、何が変わっているのかもチェックしなければならないので、seo対策はより複雑なものに変わり、新しい方法によってコンテンツを作成しなければなりません。コンテンツの量を増やしていくだけでなく、よりコンテンツでも魅力があり、自然と検索されていくサイトがいいとされます。

seoは新時代に突入している

アップデートによって、コンテンツがいいものじゃないと上位に入れないよう、Google側も対策を行っています。まったくいいseo対策じゃないのに、なぜか上位に入っているようなサイトが多くなったことで、Googleもさすがに堪忍袋の緒が切れたのか、アップデートで大幅に変化を起こすこととなりました。

当然業者の方も、seoの対策を切り替えることになりましたが、新しい対策方法が重要になり、現在は方法が模索されています。今までよりもいい方法がないのか、業者としては過去の事例などをしっかりと把握してサイトに検索エンジン対策を施しているのです。

seo対策関連

MENU